おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

作業療法

認知症のリハビリテーションの中でも、最も広く行われているのが作業療法。どのような方法があるのか、リハビリの効果などについて解説しています。

作業療法とはどのようなものか

作業療法はあらゆる作業を通じて行うリハビリテーションの総称で、実に様々な作業が該当します。認知症の方が自ら行う作業は、ほぼすべて作業療法になると言っても過言ではないでしょう。

日常生活の中でも取り入れられる

日常生活で行われる、炊事や洗濯などの家事は、準備や段取りが必要な難しい作業ですから、立派なリハビリテーションになります。身の回りの整頓や、食事、買い物などを自ら行うことも作業療法のひとつです。

コミュニケーションの一環として行うこともできる

囲碁や将棋、ゲートボール、茶話会なども作業療法のひとつですが、これらは自分一人では行えず、相手があっての作業となります。手先や体を使った作業を行うだけでなく、相手の気持ちを推測して上手にコミュニケーションをとることも、リハビリテーションとして有効です。

見当識障害の訓練にもなる

作業療法には、季節や日付、時間と関連付けて行えるものもあります。例えば、毎日カレンダーに丸を付けてから作業する、何時までに何個仕上げる、といったように日にちや時間を意識しながら行うと、見当識障害の症状が出ている方のリハビリテーションになります。

作業療法によって得られる効果とは

手先を動かすことは脳の広い範囲をまんべんなく刺激することにつながります。作業した結果によって達成感を得ることもできますし、料理や洗濯などを行って家族から感謝されれば、自尊心をとりもどすことにもつながるでしょう。

集団で作業を行うことで、他者と積極的にコミュニケーションとるきっかけにもなります。作業を完成させることで得られる「自分にもできる」、「自分が必要とされている」という感覚は、認知症の方にやる気や生きがいを与え、うつや徘徊などの症状を軽減させる効果が期待できます。

認知症の予防方法まとめ