おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症って予防できるの? » 食習慣を見直す

食習慣を見直す

食を意識することで手軽に認知症予防を

私たちの体は私たちが食べたものによって作られています。毎日、口に入れるものに気を使うことは、自分の体をいたわりながら、健康に保つことにつながります。

認知症に不安を感じているなら、まずは食事を改善することから、手軽に始めてみるとよいでしょう。食材の中には、脳の老化を防ぐ抗酸化作用の高いものや、脳の機能低下の抑制に期待できるものがあります。それらを毎日の食事に少しずつ取り入れることで、健康な脳を保つことができるのです。

このページでは、認知症予防に効果があるとされる食材をいくつか紹介し、その特徴などをまとめています。

食習慣改善に
役立つ代表的な食材

DHAやイソフラボン、グルタミン酸やポリフェノールなど、認知症の予防に効果があるとされる成分をたくさん含んでいる食材を集めてみました。これらの食材を毎日の食事に少しずつ取り入れて、日常生活から認知症や生活習慣病の予防に取り組んでみましょう。

青魚に多く含まれるDHAやEPAが脳に効く!

イワシやサバ、アジなどの青魚に多く含まれているDHAとEPA。DHAは脳の海馬という記憶や学習に関係する部分へ特に多く集まることが分かっていて、脳神経細胞の栄養分と言われています。EPAは血液中のコレステロール濃度を下げる作用があり、ドロドロ血液をサラサラに整える効果が期待できます。

大豆

イソフラボンやレシチンで脳を活性化

大豆製品には、脳を刺激して元気にする効果の高い成分が多く含まれています。代表的なものとして、大豆イソフラボンやレシチンがあります。イソフラボンは抗酸化作用が高く、またアルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβが脳に蓄積されるのを防ぐ効果があります。レシチンは記憶の伝達をスムーズにし、記憶力が高まると言われています。

イチョウ葉エキス

脳への血流を増やし脳細胞を強化

イチョウ葉エキスには、脳への血流を増やす効果、脳細胞を強化する効果、神経伝達物質の伝達を向上させる効果があります。抗酸化作用が高く、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβの蓄積を妨げるといった報告がされています。

オリーブオイル

オレイン酸がアルツハイマー型認知症を防ぐ

オリーブオイルには、オレイン酸という不飽和脂肪酸が多く含まれています。最近の研究で、アルツハイマー型認知症を引き起こす原因となるアミロイドβを分解する酵素や、除去する働きのあるタンパク質の生成を促す効果が認められたそうです。

カカオ

チョコレートで脳細胞を増やす因子が増加

カカオ分が多いチョコレートを食べると、脳由来神経栄養因子(BDNF)という成分が増えることが分かってきたそうです。BDNFは、脳の海馬や中枢神経系に多く存在していて、ニューロンや神経伝達物質の合成などに関わる物質。BDNFの量が減ると、記憶や学習能力が下がってしまうことが確認されています。

わさびが脳にはたらきかける作用

注目わさびが脳に働きかける作用と
健康にもたらされる効果とは

本わさびの根茎に含まれる、ワサビスルフィニルという成分は強い抗酸化力を持っていることが分かっています。細胞を老化させてしまう活性酸素が、体内で生成されるのを抑制する作用があり、酸化=老化から細胞を守ってくれる効果があるのです。脳細胞に関しても、脳の神経細胞を酸化による害から守り、脳機能の低下を抑制する効果が高いと言われています。

※ワサビスルフィニルについて
「金印わさび」が独自の特許製法で有効成分をわさびから抽出し「ワサビスルフィニル」で商標登録しています。

わさびが脳に働きかける作用について詳しく見る

その他の認知症予防効果が期待できる食材

コーヒー

オランダの研究機関の調査で、コーヒーを飲む人の方が飲まない人より認知機能の低下が少ないことが分かりました。これは、コーヒーに含まれるカフェインの作用だと考えられています。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、アルツハイマー型認知症の進行を食い止め、脳に栄養を与えるケトン体という物質を作り出す材料となる中鎖脂肪酸を多く含んでいます。

セロリ

セロリやパセリには、アピゲニンというフラボノイドが含まれており、高い抗酸化作用があります。最近の研究では、脳細胞の生成を促進する作用やシナプスの働きを高める効果もあることが分かっています。

ビーツ

赤い色素ベタシアニンに強い抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的。ビーツに含まれる硝酸塩から一酸化窒素が体内で生成され、血管に作用して血管を拡張すると言われています。血流を改善する効果によって認知症を防ぎます。

ぶどう

ジュースなどに使われるコンコード種のぶどうには、抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれています。一定期間コンコードグレープのジュースを飲み続ける臨床実験では、学習能力の改善や血管病の改善などが診られたそうです。

アーモンド

アーモンドには強い抗酸化力を持つビタミンEが多く含まれています。また、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβの分解を促す作用を持っているオレイン酸も豊富に含んでいます。

くるみ

アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβから脳を守るビタミンEやポリフェノールなどを多く含み、脳の神経伝達物質へと変換される、トリプトファンも多いのが特徴です。

カマンベールチーズ

最近の研究によって、白カビで発酵した乳製品には、オレイン酸アミドやデヒドロエルゴステロールなど、脳内の老廃物を除去して炎症を抑える作用を持つ成分が多く、認知症の抑制効果があることが分かってきました。

海藻

海藻のぬめり成分には、血中のコレステロール値を減少させる作用のある食物繊維が含まれています。中でも多糖類の一種であるアルギン酸はナトリウムを積極的に排出して、血圧を下げる効果があります。

レバー

レバーには、貧血を予防する効果があるとして知られているビタミンB12が多く含まれています。このビタミンは、脳の機能を向上させて学習能力を上げる作用があることも分かっていて、不足すると脳の萎縮につながります。

ザクロ

アメリカの大学で行われたマウスを使った実験によって、ザクロジュースにアルツハイマー型認知症の症状抑制効果が見られることが分かりました。これは、抗酸化作用の強いポリフェノールの効果によるものと考えられています。

ワイン

アルコールは過剰に摂取すると脳を委縮させる害がありますが、適量であれば認知症予防に効果があります。特に赤ワインはポリフェノールが豊富に含まれているので、抗酸化作用によって脳を老化から守る作用があると考えられています。

認知症の予防方法まとめ