おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症って予防できるの?

認知症って予防できるの?

認知症は一度発症してしまうと進行を止めることができない難しい病です。できることなら発症せずに元気な老後を過ごしたいもの。

そこで、認知症予防に効果があるのではないかと考えられている生活習慣や、注意すべきことなどを解説。認知症を発症しにくくする食べ物や運動など日常で心がけるべき習慣について解説します。また、認知症になると衰えてしまう機能を回復させるトレーニングなども紹介しましょう。

食習慣を見直す

毎日、自らの身体へ取り入れるものに意識を向けることは、健康な体を保つために最も重要なことです。体全体の老化を防ぐ抗酸化作用の強い成分である、ポリフェノールやβカロチン、脳の神経伝達をサポートすると言われるDHAなどを多く含む食品を積極的に摂取したり、暴飲暴食を避けるなど、食生活に気を付けることで認知症を遠ざける方法を実践しましょう。

食事による認知症予防について詳しく知る

適度な運動を行う

認知症は生活習慣病とも関連があると言われています。生活習慣病の予防には食事の改善と適度な運動が不可欠。激しい運動を行う必要はありませんが、ウォーキングなどの有酸素運動を週に3回行うだけで、認知症や生活習慣病を予防する効果が高まると言われています。生活の中に上手に運動を取り入れる方法について考えます。

運動による認知症予防について詳しく知る

人と積極的に交流をする

人間関係を構築することを億劫に感じてしまう方は、外出する機会が減ったり、ストレスを発散する機会が少なくなってしまいがち。誰かと交流を持ち、趣味に没頭したり昔話に花を咲かせることは、脳を刺激して機能を活性化させることにつながります。知人と積極的に関わることで人生や脳に刺激や喜びをもたらすことのメリットを紹介します。

人との交流による認知症予防について詳しく知る

睡眠時間をしっかりとる

夜眠れなかったり朝早く目が覚めてしまう睡眠障害は、生活リズムを狂わせて体調に悪影響を与えるだけでなく、脳にも負担となります。認知症を発症した方の多くは、慢性的な睡眠不足であることが指摘されており、睡眠と脳の機能低下には大きな関係があると言われています。睡眠時間をしっかり確保して、脳の健康を守りましょう。

睡眠による認知症予防について詳しく知る

脳トレをする

脳の機能を衰えさせないためのトレーニングを積極的に行うことで、認知症を予防することができます。代表的なトレーニングの方法や生活に取り入れることで得られる効果などについて解説しましょう。

脳トレによる認知症予防について詳しく知る

認知症の予防方法まとめ