おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » もしかしてこれって認知症の初期症状?

もしかしてこれって認知症の初期症状?

このページでは、認知症を初期で発見するためのポイントについて紹介します。

こんな症状があったら注意! 認知症の代表的な初期症状

どんな方でも、ちょっとした物忘れや失敗はあるものです。でも、それがしょっちゅう起こるようになったら…。同じことをなんども繰り返す、いつも探し物をしている、など、ご家族が「あれ?」と思うことが増えたら、軽度の認知障害の可能性を考えてみた方が良いかもしれません。

一般的に認知症を発症すると起こりやすい初期症状をまとめてみました。以下のようなことが頻繁に見られるようになったら、かかりつけ医や近くの認知症専門医を受診してください。

初期に起こりやすい症状

  • 忘れ物や探し物が多い。気が付くといつも探し物をしている。
  • 約束をしていても、時間や場所を間違える。
  • 簡単な計算や作業に時間がかかる。
  • 鍋を焦がす、火を消し忘れる、などの失敗が多くなる
  • 同じことを何度も繰り返し聞く、または言う。
  • 服装に気を使わなくなる。季節に合った服装ができなくなる。

あなたは、家族は大丈夫? 認知症の種類別にみる初期症状

アルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭型認知症の3つのタイプの認知症について、初期に表れやすい症状を具体的に解説しましょう。日常生活の中で、「あれ?」と思う瞬間があったら、こちらを参考にチェックしてみてください。

アルツハイマー型認知症の初期症状

アルツハイマー型認知症で最初に表れる症状は、記憶に関する障害であることが多いようです。大切なものをしまった事や、約束したことなど、出来事そのものを忘れる点もポイント。以下のような行動が見られたら要注意です。

  • 大事なものがなくなり「盗まれたに違いない」と大騒ぎする。
  • 約束をすっぽかし、「約束なんかしていない」と言う。
  • いつも作っていた料理が作れなくなる。
  • とっさに言葉が出てこなくなったり、簡単な言葉の意味が分からなくなる。
  • 忘れていたことをごまかすため、作り話が多くなる。

レビー小体型認知症の初期症状

認知症の中で約2割の患者さんが、レビー小体型と診断されます。このタイプは、記憶障害よりも幻覚や抑うつ症状が初期に表れやすいという特徴があります。パーキンソン病と原因物質が同じであるため、パーキンソン病のような手の震えが表れることもあります。

レビー小体型認知症は、特に進行が早い病気と言われていますから、下記のような行動がいくつか見られたら、すぐに専門医やかかりつけ医を受診しましょう。

  • 虫やヘビ、亡くなった知り合いが家にいる、といった実際にはいないものが見えると訴える。
  • 食欲や意欲の減退などが見られ、ネガティブな思考が多くなる。
  • 手足のふるえ、筋肉のこわばりがある。
  • 寝ているときに大声を出したり、暴れたり、といった行動が見られる。

前頭側頭型認知症の初期症状

何らかの理由で脳の前頭葉が委縮していくタイプの認知症で、前頭葉が関係している機能から衰えていくのが特徴です。記憶障害はあまり表れず、感情的な変化が大きくなるのがポイント。自己中心的、反社会的な行動が見られるようになります。

以下のような行動が目立つようになったら、専門医に相談してみてもよいでしょう。

  • 言葉につまる、言葉の意味が分からない、といったことが頻繁に起こる。
  • 同じ行動の繰り返し、オウム返しが見られる。
  • 食欲旺盛になって異常に食べる。料理の味が濃くなる。
  • 万引きなど、反社会的な行動を起こすが、本人に罪悪感がない。
  • 突然激しく怒り出し、暴力を振るうなど感情の抑制ができない。
  • 「人が変わったようだ」と言われるほど、性格が変わった。

認知症は進行性の病…徐々に症状が進みます

アルツハイマー型などの認知症と診断されたら、治療は投薬とリハビリの2本柱で行うのが一般的。リハビリ方法はいろいろ考えられていますし、新薬も開発されていますが、認知症が完治するところまでは至っていないのが現状です。

一度発症してしまったら、脳の萎縮を止めることはできません。治療や元々の体質、生活環境などによって差はありますが、徐々に症状が進行して脳や身体の機能が低下していくわけです。

早期発見で進行を抑えることは可能!

しかし、認知症患者にとっての救いは、完治できなくても進行を抑えることはできる、という点。症状が軽い早期のうちに病気を発見し、早い内から対策を施せば、症状が悪化することを食い止めつつ、長期間にわたって正常な生活を送ることが可能となります。

大切なのは、認知症に早く気が付いて治療やケアを始めること。認知症の初期に起こりやすい症状に、本人や周辺の方がいち早く気が付くことができるかどうかが、その後数十年の生活を左右することになるわけです。

初期症状が表れたら…食生活を改善して症状の抑制を

ここまで紹介してきたような、認知症の初期症状が表れたら、専門医の治療を受けると同時に、自宅でできる生活改善で症状の進行を食い止めましょう。まずは、身近で最も効果が上がりやすい、食事の改善から始めてみるといいですね。

脳を活性化させる成分を積極的に取り入れよう

現在、脳を活性化させる作用のある成分や、アンチエイジング効果のある成分など、たくさんの種類の健康成分が確認されていて、それらを含む食品やサプリメントが次々とブームになっています。それらの中から、自分の食生活、ライフスタイルにマッチしているものを選択して、少しずつ取り入れていきましょう。

抗酸化作用のある注目成分わさびスルフィニル

例えば、本わさびに含まれている成分のわさびスルフィニルは、脳の神経細胞の強化や抗酸化作用、血流促進の効果が確認されています。食事の中に取り入れたり、サプリメントを摂取することで、効率よく脳に働きかけることが可能です。

このように、日常生活のちょっとした工夫によって脳の健康をサポートし、健康で快活な老後を自らの力で守っていくことが大切です。

注目成分わさびスルフィニルについて詳しく見る

認知症の予防方法まとめ