おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

物盗られ妄想

認知症の症状のひとつ、妄想について特徴や原因、対処法などをご説明します。介護者がどのようなことに注意して接するべきかを考えていきましょう。

認知症の代表的な症状である“物盗られ妄想”

認知症を発症してごく初期の頃に表れやすい症状で、自分が大事にしているものを盗まれたと思い込んでしまう被害妄想です。認知症の方に特有の症状として挙げられるのは、物を「自分が失くした」という可能性について全く想像できない点です。自分がどこかに置き忘れたり、しまったまま忘れた、ということは全く考えず、探すこともしません。自分の目の前にないものは、すぐさま盗まれたことになってしまいます。

妄想はなぜ起こるのか?

認知症の初期の段階では、記憶障害が出てきていますし、思考力や判断力も低下し始めています。自分が思ったことが間違いかもしれないと判断する能力が衰えてしまうと、すぐに確信になってしまうのです。

認知症初期は、どうしてもネガティブな思考にとらわれやすく、「自分を追い出そうとしているのではないか」、「お金を誰かに盗られるのではないか」といった妄想が多くなり、盗まれる恐れから自分で財布や通帳の場所を移動し、そのことを忘れてしまって、物盗られ妄想が始まります。

妄想を改善するためには

物盗られ妄想が出始めると、完全に改善することは難しいのですが、できるだけ妄想を大きくせず、興奮を抑えるように誘導していく方法はあります。また、「自分が疎まれているのではないか?」とか、「自分だけ虐げられているのでは?」といった不安が、妄想の起こるきっかけとなってしまうケースもあるようです。

お話を聞く時間を増やしたり、できるだけ話しかけるようにすると、ご本人が感じている疎外感がなくなって精神的な安定を得られ、妄想を抑えることができるかもしれません。

家族や介護者はどのような対応をするべき?

盗んだ犯人にされてしまうのは、身近にいる家族や介護者の中で、最も気軽に話しやすい人が多いようです。「盗られた!」という訴えを聞いたら、まずは物が無くなってしまったことに同情し、一緒に探すことを提案しましょう。このとき、「盗られた」という言葉を使わずに、「無くなった」という表現を選びます。

また、盗っていないことを主張して本人を責めたりすると、逆上してますます興奮してしまいます。興奮を抑えるために、物探しをしながら全く別の雑談話をすると、注意がそらされて妄想への執着が収まる場合もあります。

認知症の予防方法まとめ