おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

記憶障害

認知症の代表的な中核症状のひとつである記憶障害について、症状の特徴や予防法、改善法についてまとめて解説しましょう。

認知症を原因とする記憶障害とは

脳の機能低下によって引き起こされる記憶障害は、認知症の症状の中でもほぼすべての方にあらわれるものです。脳の海馬と言われる部分が衰えることで、記憶ができなくなったり、記憶していたことが失われてしまいます。

認知症の初期の段階では、新しいことが記憶できなくなりますが、進行するにつれて直近の出来事を忘れるようになり、徐々に古い記憶がなくなっていく…という経過をたどることが多いようです。

記憶障害には、以下の5種類があるとされています。

短期記憶障害

よく言われる“物忘れ”に近いもので、特に最近の出来事を忘れてしまうタイプの記憶障害です。具体的には、「どこに物を置いたのか忘れる」、「何をしに来たのか目的を忘れる」、「今日が何日・何曜日かを忘れる」といった例が挙げられます。

脳の機能低下によって、新しい出来事を記憶できないことから起こる障害です。

長期記憶障害

普段は意識していませんが、頭の中に眠っているはずの古い事柄を忘れてしまうものです。自分が通っていた学校や、自分が勤めていた会社、自分の誕生日や家族の名前など、普通であればずっと保ち続けることができる記憶が失われてしまいます。

「2月11日は何の日ですか?」、「お子さんは何人いますか?」といった質問に答えられなくなったり、自分が結婚していることを忘れて、旧姓で呼ばれるまで気が付かない、といった症例もあります。

手続き記憶障害

自転車に乗ったり、そろばんを使ったり、道具の使い方など、体で覚えた記憶を忘れてしまうものです。

意味記憶障害

言葉の内容や意味を忘れてしまうもので、具体的な名称が浮かばなくなったり、言葉が出てこなくなります。「それ」や「あれ」などのこそあど言葉が多くなるのが特徴です。

エピソード記憶障害

以前に体験したエピソードの記憶がなくなってしまうものです。体験そのものがそっくりそのまま抜け落ちた状態になり、ご家族や周囲の方と話が合わなくなってしまいます。

こんな症状が出たら記憶障害に注意

初期に表れやすい症状として、探し物や繰り返しが多くなることがあります。脳の機能低下によって新しい体験が記憶できなくなるので、同じことを何度も繰り返して聞いたり、常に何かを探している、といった状態が多くなってしまいます。

水道を出していることを忘れてしまって水を流しっぱなしにしてしまったり、ガスレンジの火をつけっぱなしにしてお鍋を焦がしてしまう…といったことが増えたら要注意です。

記憶障害を改善するためには

認知症による記憶障害は、どうしても進行してしまう障害であり改善することは困難であると考えられています。しかし、進行を抑制する効果があると言われる薬も徐々に使われ始めていますので、まずは医師に相談することです。

また、周囲の対応によって進行が早まることも考えられるので、ご家族や介護者が注意して接する必要があります。

家族や介護者はどのような対応をするべき?

本人の記憶が抜け落ちてしまい、現実とつじつまが合わなくなってしまったとしても、周囲がそれを否定したり無理に修正することは避けるべき。本人にとっては覚えている記憶がすべてであり、「それは違うでしょ」と否定されると、極度な不安に陥ってしまい障害がさらに進行してしまうことがあるからです。

現実とは異なっているような発言や行動があっても、いったん笑顔で受け止めることで、本人が安心して過ごせるようにしてあげることが大切です。

認知症の予防方法まとめ