おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

うつ・抑うつ

認知症に罹患すると、気分の落ち込み、食欲や意欲の低下など、抑うつの症状が現れることがあります。認知症による、うつの特徴や原因、対処方法などについて考えていきましょう。

認知症を原因とする、うつと抑うつとは

認知症を罹患している方は、感情の起伏がほとんどなくなり、それまで好きだったことに関しても興味を持たなくなったり、食事や睡眠すらとれない状態になることもあります。

これをうつ状態や抑うつ状態と言いますが、一般的なうつ病のように疾患として断定できるものではなく、気分が落ち込んでいる状態を表す総称と考えます。

うつと抑うつが起こる原因とは

認知症による抑うつ症状は、アルツハイマー型を始め、前頭側頭型認知症、脳血管性の認知症でも現れます。しかし、もっとも抑うつが多く出るのは、レビー小体型認知症だと言われています。

特に、高血圧の薬やパーキンソン病の薬を常用していたり、鎮痛剤を飲んだ後などは、うつの症状が出てしまうことが多いようです。

また、引っ越しや施設への入所など、生活する環境が大きく変化した方は、気分が落ち込みやすくなってしまいますし、認知症の初期段階で、認知症であることを知ってしまった直後に抑うつ状態となってしまうこともあります。

うつと抑うつを改善するためには

認知症を罹患している方は、日がなボーっと過ごしているケースも多く、うつ症状が出ていることに周囲の人が気付かないことも考えられます。それまで好きだったものに興味を示さなくなった、言葉数が減った、といった小さな変化を見逃さず、早い段階で対処することでうつ状態の重症化を回避できます。

変化を見逃さないために、なるべく1人きりにしておくことを避け、常に誰かと一緒にいられる場所へ移動するよう促したり、昔話などをしてみるのも効果的です。本人が懐かしいと感じるような想い出を回想して脳を刺激すると、うつの症状を改善するだけではなく、認知症そのものにも効果があると考えられます。

家族や介護者はどのような対応をするべき?

気分転換になるよう、音楽をかけたり話しかけたり、散歩へ連れ出すのもおすすめです。あくまで本人の意思を確認してから、無理のない程度に行いましょう。抑うつ症状が重度になると、話しかけても反応が無くなってしまうことがあります。認知症が進行すると、感情を表に出すことも難しくなってくるので、本人は反応したくても動きが鈍くなっているだけかもしれませんから、周囲の方が根気よくゆっくりと働きかけることが大切です。

認知症の予防方法まとめ