おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

見当識障害

認知症を患っている方が、生活環境が変わった時に起こしやすい見当識障害。どのような症状が特徴なのか、対処法などについて解説しています。

認知症を原因とする見当識障害とは

現在自分が置かれている場所や時間が分からなくなってしまう障害です。昼夜の区別がつかなくなったりして、自分の家が分からなくなってしまい、本人はもちろん家族や周囲の方も混乱してしまいます。

「夜中に買い物に出ようとする」、「自身の年齢や年代が認識できなくなる」、「季節に合った洋服を選べなくなる」、といった症状が出ることもあります。

認知症のタイプ別にみる見当識障害

見当識障害は、認知症のタイプ別に少し異なる症状が現れるという特徴があります。

アルツハイマー型認知症に多い見当識障害

アルツハイマー型の場合、記憶障害と見当識障害を併発する場合が多いと言われています。何をしようとしているのかという目的を忘れてしまっているのに加えて、どこにいて、今はいつなのか、といった状況すらも分からなくなってしまうので、本人の混乱は相当なものとなります。

レビー小体型認知症に多い見当識障害

レビー小体型の認知症の方は、記憶障害よりも見当識障害の方が強く出る傾向にあります。記憶はハッキリしているのに見当識が弱いということも多く、自分がどこにいるのか分からなくなることがある…と、自身の障害を自覚している場合もあります。

家族や介護者はどのような対応をするべき?

見当識障害に対する対応は、具体的にどのような症状が現れているかによって若干異なります。

場所の見当識障害の場合

引っ越しや施設への入所、病院への入院などで環境が変わってしまうと、不安が強くなり見当識の障害が強く出てしまう場合があります。転居先や施設などへは、できるだけ使い慣れている家具や道具を持っていき、本人に安心感を与えることが重要です。「自分の家ではない」と強く主張することもありますが、安心できる場所であることを伝え、「今はここで過ごしましょう」と説得しましょう。

時間の見当識障害の場合

日にちや曜日、時間などが分からなくなってしまう方には、カレンダーを毎日一緒に確認します。例えば、毎朝決まった時間にカレンダーへ丸をつけながら、「今日は何月何日何曜日ですね」と確認すると分かりやすいようです。

窓を開けたり外へ出る機会を多くして、昼夜の区別がつきやすくしたり、会話の中に日にちや季節の話題を入れることも有効です。

人の見当識障害の場合

時間や場所の見当識障害に加えて、人に対する障害が起こる場合があります。家族と他人の区別がつかなくなったり、鏡を見て自分だと認識できなくなることもあります。

特にレビー小体型認知症の場合は、見当識障害が比較的早く表れ、初期の段階で家族の識別ができなくなってしまうことも。

本人の主張を無理に否定したりすると、不安からパニックを起こしてしまうことになりますので、否定せずにお話を聞いてあげることが第一です。

認知症の予防方法まとめ