おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

食行動の異常

認知症による食行動の異常についてまとめています。どのような行動がみられるのか、原因や問題点、対処法について考えましょう。

認知症を原因とする食行動の異常について

認知症が進行すると、食べる行為にも問題が見られるようになります。過食や異食と呼ばれるもので、それぞれ特徴があります。

過食について

認知症の方によくみられる問題行動で、食事をしたのにも関わらず「ご飯はまだ?」と催促して何度も食事をしようとしたり、実際に何度も食べてしまうというものです。

異食について

赤ちゃんと同じように、目の前にある食べ物ではないものを口に入れてしまう行動です。例えば、庭で草むしりをしていたら急に土を食べ始めたりすることで、家族が認知症と気が付く症例が多く見られます。

食行動の異常が起こる原因とは

過食が起こる原因

主な原因として、記憶障害が考えられます。この場合、直近の記憶がなくなってしまい、簡単に言えば食事をしたことを忘れてしまうのです。また、時間的な見当識障害によって、まだ食事をしていないと勘違いしてしまったり、満腹中枢に異常があって満腹感を得られていないため過食してしまう、というケースもあります。

異食が起こる原因

判断力が低下し、食べられるものか食べられないものかの判断ができなくなってしまうことが主な原因と言われています。

家族や介護者はどのような対応をするべき?

過食への対応

食事はすでに終わっているのに、また食事を催促される場合は、「さっき食べたじゃない!」と強い口調で拒否するのは逆効果です。何時にどのような内容の食事をしたのか、ゆっくり分かりやすく話して聞かせることが有効。

また、食事の時に使用した食器や箸などはすぐに片付けずに、本人の目の前にしばらく置いておき、食事が終わったことをよく認識してもらいましょう。

異食への対応

異食してしまったときに危険にならないよう、飲み込んで詰まらせてしまう可能性のあるものや、尖ったもの、薬品などは、本人が手の届かない場所へ片付けましょう。

口寂しくなってしまったときに、すぐに口に入れられるお菓子などをそばに置いておくと効果的です。

認知症の予防方法まとめ