おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

実行機能障害

目的を達成するための行動が実行できなくなる、実行機能障害について、症状の特徴や周囲の人の対応方法についてご紹介しましょう。

認知症を原因とする実行機能障害とは

実行機能障害という言葉は聞きなれないのですが、簡単に言えば「目的を達成するための行動ができない」ということ。例えば、料理を作るという目的のために、材料を揃えてお湯を沸かし、野菜を切る…といったことを順序立てて行動できなくなります。

料理を作るためには、下ごしらえや準備の順番、段取りを考える必要がありますが、実行機能障害が起こると、この段取りができなくなってしまうので、最後までお料理を作り上げることができなくなるわけです。

こんな症状が出たら実行機能障害かも?

それまで普通にできていたことが急にできなくなる、ということで実行機能障害に気が付くケースが大半です。最も分かりやすい例はお料理で、『材料を適切に用意できなくなる』、『手順が分からなくなる』、『味付けが変わる』といった症状が出ます。

さらにもっと単純なところでは、テレビやエアコンのリモコンが使えなくなったり、電化製品の使い方が分からなくなる、という症状もあります。

家族や介護者はどのような対応をするべき?

実行機能障害が現れていても、すべての作業ができなくなるわけではないので、進行を遅らせるためにも、今まで通りの家事や作業を続けることが大切です。すべての作業を家族や介護者が見守るのは難しいかもしれませんが、折に触れて声掛けをしたり、次にやるべき作業を指示することで、お料理や洗濯などの家事を最後までやりとげることができるはずです。

作業が止まっているなと思ったら、「そろそろかき混ぜてみたら?」など、次の行動を指示したり促したりすると、その先の作業はすんなり進むこともあります。

作業をしやすくするために、使うものを同じ場所にまとめて置いたり、分かりやすい目印をつけたり、工夫してみるとよいでしょう。

認知症の予防方法まとめ