おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の中核症状と周辺症状とは? » 睡眠障害(不眠・昼夜逆転)

睡眠障害(不眠・昼夜逆転)

夜眠れなかったり、朝早く目が覚めてしまう睡眠障害が、認知症の症状のひとつとして現れることがあります。症状の特徴や改善策、対応について紹介します。

認知症を原因とする睡眠障害の特徴

認知症を発症していなくとも、高齢になると眠りが浅くなる傾向があり、早朝に目覚めたまま眠れなくなる中途覚醒の状態が多くなります。また、睡眠時間が短くなるだけではなく、眠りが浅いので睡眠の質が悪くなってしまい、疲れが取れなかったりぐっすり眠った感じがしない、といった症状があります。

また、夜眠れないために昼間はウトウトすることが多くなり、昼夜逆転した状態になってしまうことも。夜中に「仕事に出かける」と大騒ぎして家の内外を歩き回ったり、夜中にテレビやラジオを付けたままにして過ごす、といった行動が出てしまいます。

睡眠障害を改善するためには

夜は寝て昼間に活動する、という一般的な生活リズムに戻すため、できるだけ日中に体を動かしたり日光を浴びて過ごすように習慣をつけます。眠りの浅い方は低体温であることが多いので、就寝する前にお風呂へ入ったり足湯をするなどして体を温めてから寝床へ入ると眠りに入りやすいと言われています。

家族や介護者はどのような対応をするべき?

「夜に寝てくれない」というのは、見守る介護者にとって体力的にも精神的にもすり減ってしまうことになります。夜中に活動したがっている方を無理にベッドへしばりつけても、介護者への不信感を持ってしまうことになり、さらに症状が悪化してしまうことも。本人が夜を穏やかに過ごすことができる環境を整えてあげると同時に、昼間は元気に体を動かして活動的に過ごせるよう工夫してあげましょう。

家族や介護者が休む時間を作るという意味では、デイサービスなどを利用してみるのもひとつの方法です。単純に日中の活動量を増やしたいのなら、一緒に散歩や買い物に出かけるのもいいですね。明るい時間に動くことで適度に疲労を感させ、夜の睡眠へと上手につなげてあげましょう。

認知症の予防方法まとめ