おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の中核症状と周辺症状とは?

認知症の中核症状と周辺症状とは?

認知症の発症に伴って表れる症状を大きく分類すると、中核症状と周辺症状の2つに分けられると言われています。それぞれの特徴やどのような症状が含まれるのかを紹介します。

また、徘徊や食行動異常など、表れやすいいくつかの症状について、細かく解説していきます。

中核症状と周辺症状とはどのようなものか

認知症の症状を分類すると、脳の機能障害によって直接的に引き起こされる「中核症状」と、中核症状によって引き起こされてしまう「周辺症状」とがあります。それぞれどのような症状が含まれているのか解説しましょう

中核症状

何らかの原因で脳細胞が委縮すると認知機能が低下してしまい認知症と診断されます。この、認知症を発症した方ならどなたにでも起こる、認知機能の低下を原因とした症状のことを中核症状と呼んでいます。記憶障害や見当識障害、実行機能障害、失語や失行などが挙げられます。失われてしまうと生活に困窮する、生活の基本となる機能の低下が特徴と言えます。

周辺症状

中核症状が起こることで生じる混乱や不自由に起因して、さらに引き起こされる二次的な症状のことを周辺症状と呼んでいます。行動症状または心理症状とも言われています。徘徊や食行動異常、睡眠障害や抑うつ感情などが挙げられます。すべての方に起こる症状ではなく、元々の性格や生活環境に影響されることが多いようです。

周辺症状は周辺環境や接し方で緩和することも悪化することもある

認知症の症状の中でも、徘徊や幻覚などの周辺症状は現れる方と表れない方がいます。これは、脳機能の低下によって生じる混乱を、本人がどのように受け止めるか、家族や介護者がどのように本人を支えるかなど、様々な要因に左右されるからです。

認知症と診断されて中核症状が表れ始めてから、本人が不安や混乱の中で強いストレスを感じた状態で長い時間過ごしていれば、周辺症状が激しく表れることもあるでしょう。逆に、家族や介護者が穏やかな気持ちで受け止め、安心できる環境を整えてあげられれば、症状はそれほどひどくならないかもしれません。

このように、認知症の周辺症状は本人と周辺との関りや生活環境によって、コントロールが可能となるかもしれません。

症状を抑制するために食生活の改善を

中核症状の緩和のためには、食事の内容に注意して体の中から変えていくべき。DHAやポリフェノールなど、認知症予防や抑制に効果があるとして注目されている成分を意識的に摂取するように心がけて、活発な脳へ整えましょう。

本わさびに含まれているわさびスルフィニルという成分は、脳の神経細胞に働きかけて神経伝達を強化するほか、強い抗酸化力と血流促進効果を持ち、糖尿病の予防やガンの転移抑制などの効果も認められています。

わさびスルフィニルの効能について詳しく見る

認知症の主な症状と特徴

記憶障害

最近起こったことを忘れてしまう短期記憶障害や、普段頭の中にある古い記憶が抜け落ちてしまう長期記憶障害、過去に起こった出来事の記憶がなくなってしまうエピソード記憶障害など、5つの種類があるとされています。認知症初期の段階では、新たな事柄を覚えることができなくなり、徐々に新しい記憶から古い記憶へと抜け落ちていく方が多いようです。

記憶障害について詳しく知る

見当識障害

アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症に多いとされる中核症状で、現在の日にちや時間、自分がいる場所などが分からなくなってしまうものです。主に、時間の見当識障害と場所の見当識障害、人の見当識障害があります。生活環境が変化すると、新しい環境への不安から見当識の障害が大きくなってしまうことがあるようです。

見当識障害について詳しく知る

実行機能障害

目的を実行するための準備や段取りができなくなってしまう症状です。目的のためには何を用意すべきなのか、どの順番で行うべきか、などを体系付けて考えることができなくなります。今まで得意だった料理が作れなくなってしまったり、テレビやエアコンのリモコンが使えなくなる、といった症状が表れます。

実行機能障害について詳しく知る

高次脳機能障害(失語・失認・失行)

言葉や文字を理解できなくなったり、目の前で起きていることを正しく理解できなかったり、今までできていた行動ができなくなることを高次脳機能障害といいます。また、疾患や事故などで脳にダメージを負い、機能を失ってしまうことによって起こる障害のことも高次脳機能障害と言います。

高次脳機能障害について詳しく知る

徘徊

家の中や外を歩き回る症状で、見当識障害や判断力の低下などの中核症状に起因して現れる周辺症状のひとつです。家から出かけたがるタイプと、どこかに帰りたがるタイプ、あてもなく歩き回るタイプなどがあり、本人の生活習慣や願望によって異なる症状が表れます。

徘徊について詳しく知る

失禁・弄便

脳の機能低下で起こる排尿障害や、排せつした便をいじってしまう弄便など、排便・排尿に伴う症状です。排尿機能そのものには問題がなくとも、トイレへ行くまでの行動に障害があると、失禁につながってしまうこともあります。弄便は、便に対する認識力の低下によって起こる症状です。

失禁・弄便について詳しく知る

睡眠障害(不眠・昼夜逆転)

一般的に、高齢になると眠りが浅くなるものですが、認知症を発症するとそれが極端になります。昼夜逆転してしまったり、夜間に家の中や外をウロウロ歩き回る、といった症状が表れることも。

睡眠障害(不眠・昼夜逆転)について詳しく知る

暴力・暴言

認知症の症状が進むと、脳の機能低下によって、それまでは抑えることができていた感情を上手く抑えることができなくなり、暴言や暴力となって表れてしまうことがあります。認知症のタイプによっても異なり、前頭側頭型認知症の場合は、人が変わったように急激に暴力的な言動が目立つようになります。レビー小体型の場合は幻覚や幻聴が起こり、それが原因で暴言や暴力が表れることもあります。

暴力・暴言について詳しく知る

物盗られ妄想

認知症の初期に起こりやすい「物盗られ妄想」は、記憶障害と判断力の低下などが複合的に合わさって起こる症状です。認知症を発症すると、どうしてもネガティブな思考や抑うつ的な感情にとらわれることが多くなり、大切なものが無くなったのは、「誰かに盗られたのだ」という思いこみに終始し、自分が失くしてしまった可能性については、全く想像できなくなるのが特徴です。

物盗られ妄想について詳しく知る

幻覚・錯覚

見えるはずのないものが見えたり、聞こえるはずのないものが聞こえたりする症状。誰にでも起こる見間違いや聞き間違いが、脳の機能低下によって間違いに気が付くことができなくなり、本当にあるのではないかと確信してしまうと考えられています。レビー小体型認知症は、幻覚が特に強く具体的に表れやすいことで知られています。

幻覚・錯覚について詳しく知る

せん妄

意識障害を伴う興奮状態のことを、せん妄と言います。多くの場合は、薬物摂取などをきっかけに脳の機能が急激に低下することで神経伝達が麻痺してしまい、興奮状態になります。てんかんや脳血管の疾患、心不全などでもせん妄がおこる場合もあります。認知症を患う方では、住環境か変わって大きなストレスを感じた時などに症状が表れるケースがあります。

せん妄について詳しく知る

うつ・抑うつ

認知症を発症すると、気分の落ち込みや意欲の低下、感情の起伏がなくなるなど、抑うつ症状が表れることがあります。あらゆるタイプの認知症で見られますが、特に多いのはレビー小体型認知症だと言われています。認知症の診断が行われた直後に、ショックで抑うつ状態になってしまう場合も多いようです。

うつ・抑うつについて詳しく知る

食行動の異常

認知症に関連する食行動異常というと2つのパターンが考えられます。ひとつは、食事が終わったのにも関わらず「ご飯はまだ?」などと催促し、何度も食事をしようとしてしまう過食タイプ。もうひとつが、食べ物ではないものを口に入れてしまう異食タイプです。

それぞれ別の原因があり、過食タイプは直近の記憶が無くなってしまう短期記憶障害や時間的な見当識障害によるもの。異食タイプは判断力の低下により、食べられるものと食べられないものの判断ができなくなってしまうことによる症状です。

食行動の異常について詳しく知る

認知症の予防方法まとめ