おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

ポリフェノール

果物や野菜、多くの植物に含まれているポリフェノールは、抗酸化力が強いとされている成分ですが、認知症を抑制する作用も期待できるとして注目されています。その特徴や効果、効率よく摂取できる食品などの情報をまとめて紹介しましょう。

ポリフェノールとはどのような成分なのか?

ポリフェノールは、植物に含まれている苦みや色素の成分の総称で、植物によって含まれているものが異なっており、自然界には数千種類ものポリフェノールが存在していると言われています。元々、植物が光合成するときに作られる成分であり、活性酸素などの有害物質に対抗する力が強い、抗酸化物質でもあります。

認知症にどのような効果をもたらすのか?

例えば、アルツハイマー型認知症の場合、脳にアミロイドβやタウという異質で不要なタンパク質が蓄積されて、脳へダメージを与えてしまうことが発症の原因と言われています。ポリフェノールは、このタウなどのタンパク質が、脳内で増えて広がることを抑制する働きがあると言われているのです。

また、ポリフェノールには強い抗酸化力があるので、脳の神経細胞を酸化によるダメージから守る効果も期待できるため、脳の老化も防ぐことができるわけです。

ポリフェノールはどのような食品に含まれているのか?

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれていて、たくさんの種類が確認されています。

例えば、緑茶に含まれているカテキン、ブルーベリーなどのアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボン、ウコンに含まれているクルクミンなどは耳にしたことがある方も多いことでしょう。

この中でも、アルツハイマー型認知症の原因となる不要なタンパク質の蓄積を抑える効果があるのは、緑茶のカテキンや紅茶のテアニン、赤ワインや果物に含まれているミリセチンなど。カカオに含まれるポリフェノールにも脳の機能低下を防ぐ効果があるとして話題になりましたね。

このように、ポリフェノールの中でも、認知症への効果があるものとそれほど期待できないものとがあるようなので、チェックして摂取する必要があります。

ポリフェノールを含む食材について詳しく見る

ポリフェノールはなぜ認知症に効果があるのか?

ポリフェノールは抗酸化作用により、体内の活性酸素を除去して、細胞死を予防してくれるという効果は有名です。ですが、アミロイドβやタウタンパク質に対する効果は、抗酸化作用とは別の働きとなります。

こちらにポリフェノールの一種である「レスベラトロール」を、マウスに与えたという実験結果があります。

筆者らの解析から,レスベラトロールは,知覚神経刺激作用を有し,マウスに経口投与すると,海馬のIGF-Ⅰ濃度を増加させ,神経細胞の機能亢進,およびその再生を促進することで,認知機能を改善することが判明した。

出典:百薬の長”の効能のメカニズムを探る 岡嶋 研二 名古屋市立大学大学院医学研究科 2012
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan/105/5/105_5_285/_pdf

成長ホルモンは主に脳の海馬(記憶に関係する部分)で脳由来神経栄養因子と言われてる神経系液性蛋白質の分泌を増加させる働きを担っています。脳由来神経栄養因子は脳神経細胞の生存と成長に大きく関わっている為、認知症予防にはとても大切な物質となっています。

出典:一般社団法人認知症予防協会 認知症を予防しよう!
http://www.ninchi-k.com/?page_id=8

IGF-Ⅰというのは成長ホルモンの働きを促進させる物質のひとつです。この物質が体内に増えることによって、脳の神経細胞の働きや脳機能を全般的にバックアップします。さらにアミロイドβやタウタンパク質などの脳内の老廃物に負けない神経細胞を作り出してくれます。

食品から摂取するにはどのくらいの量が必要?

ポリフェノールは1日に200~500mg摂取するのが理想的だといわれています。これを例えば赤ワインに置き換えるとすると100~170ml程度、緑茶であれば200~500ml、チョコレートであれば100~200gで板チョコ1.5~2枚にもなってしまいます。

緑茶ばかり毎日たくさん飲むのも大変ですし、板チョコを1日2枚も食べれば確実にカロリーオーバーです。赤ワインもお酒が苦手な方は飲めません。

食品から定期的に必要量を摂取するのは意外に難しいのです。サプリメントが最も手軽で継続しやすいといえます。

ポリフェノールが配合されたサプリメント

美容向けから健康向けまで、ポリフェノールのサプリはたくさん販売されています。こちらでは代表的なポリフェノールサプリを2つご紹介します。

DHCの健康食品 ポリフェノール

  • 価格:1,458円
  • 容量:90粒(30日分)
  • お茶、りんご、月見草種子、ワインから抽出された4種類のポリフェノールを配合

https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=2195

若摘みりんごポリフェノール

  • 価格:3,990円
  • 容量:90粒(30日分)
  • 3粒あたりりんごポリフェノール200mg配合
  • ビタミンE、ビタミンC、トコトリエノールを配合

https://www.asahi-kenko.com/products/ringo/

ワサビの成分も認知症への効果が期待されている

抗酸化作用で有名なポリフェノールですが、実はワサビにも抗酸化作用があることをご存知でしょうか。ワサビに含まれている「ワサビスルフィニル」という成分には、強力な抗酸化作用と学習機能向上効果があるといわれています。

抗酸化作用で脳内の細胞を若々しく保ち、学習機能を向上させることによって脳機能を高めます。さらに血液をさらさらにする働きもあるため、脳内の血流も良くなり、脳を活性化させることにも繋がるといわれています。さまざまな面から認知症に対する効果を期待できます。

実はワサビスルフィニルは練りワサビにはほとんど含まれていません。サプリメントとして販売が開始されて今話題になっている成分です。

ワサビスルフィニルの認知症への効果について詳しい情報を見る>>

認知症の予防方法まとめ