おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド

フェルラ酸

認知症に効果があることが発見されたばかりのフェルラ酸。どのような成分で、認知症にはどんな作用があるのか、まとめてみましょう。

フェルラ酸とはどのような成分なのか?

フェルラ酸は植物に含まれるポリフェノールの一種。最近になって、アルツハイマー型認知症の予防や抑制に効果があるのではないかと言われるようになり、にわかに注目を集めている成分です。

フェルラ酸は、体内で発生する活性酸素を除去する抗酸化作用が強いことが分かっています。一般的には食品の酸化を防ぐ成分として、お菓子などに使われています。また、紫外線を吸収してメラニンの生成を抑制する効果があるので、美白成分としても注目されています。

認知症にどのような効果をもたらすのか?

アルツハイマー型認知症の原因となる物質は、アミロイドβという異質なタンパク質です。フェルラ酸には、このアミロイドβから脳の神経細胞を守る保護作用があることが発見されています。また、脳の損傷した細胞を修復する働きがあることも分かっているそうです。

アルツハイマー型認知症の罹患者へ一定期間フェルラ酸を摂取してもらう臨床実験を行ったところ、多くの患者さんに認知力の向上や、症状の進行を抑制する効果が得られたというデータもあります。

フェルラ酸はどのような食品に含まれているのか?

フェルラ酸は、米や麦などの穀物に含まれていますが、精米した際に捨てられてしまう米ぬかの部分に多いと言われています。そのほかにも、大豆やコーヒーなどの豆類からも摂取することができます。

食事からフェルラ酸を摂取することを考えると、大量の米ぬかを口にすることはできませんので、玄米から摂取することが一般的です。ただし、食が細くなっているご高齢の方の場合は、それほど多くの穀物を取るのは難しいのが現状でしょう。そのため、フェルラ酸のサプリメントも販売されています。それらの商品を積極的に利用するのも良いですね。

フェルラ酸を含む食材について詳しく見る

フェルラ酸はなぜ認知症に効果があるのか?

フェルラ酸の働きはさまざまですが、株式会社ファンケルの研究によって、認知症の原因となる「リン酸化タウタンパク質」を減少させる働きがあることが分かっています。リン酸化タウタンパク質はアミロイドβと共に脳神経細胞の中に蓄積していく老廃物です。

認知症の中でアルツハイマー型が最も多く、全体の半分を占めます。その発症原因のひとつは、脳の神経細胞死を招くリン酸化タウタンパク質が神経細胞内に蓄積することであると考えられています。 そこで「フェルラ酸」を添加した培地で神経細胞を培養した実験を行った結果、「フェルラ酸」には神経細胞内のリン酸化タウタンパク質の量を低下させることが判明しました。

出典:「フェルラ酸」に認知症予防の新機能を発見 株式会社ファンケル研究情報 2016
http://www.fancl.jp/news/pdf/20160419_ferurasansinkinou.pdf

タウタンパク質とアミロイドβは、脳内に大量に蓄積されることによって脳神経細胞を傷つけてしまいます。この2つの物質が認知症の大きな原因になるといわれています。フェルラ酸を摂取することでこのリスクを回避することができるのです。

フェルラ酸は,石炭酸化合物で,植物に多く含まれ抗酸化作用を有し,神経細胞や脳細胞に於ける酸化的ストレスや神経毒性を防ぐことが知られている.

出典:去勢雌ラット骨密度に与えるフェルラ酸の影響 東京医科歯科大学難治疾患研究所/文京学院大学保健医療技術 2013
http://www.u-bunkyo.ac.jp/center/library/hst2013_13-17.pdf

そして強い抗酸化作用を持っているため、脳細胞を活性酸素から守ることによって老化を防ぎ、認知症の進行を抑制することもできるのです。

食品から摂取するにはどのくらいの量が必要?

フェルラ酸は1日に100mg以上の摂取が理想的といわれています。実は玄米を食べれば摂取できる量だといえるでしょう。

玄米には100gあたり41.8mgのフェルラ酸が含有されているという調査結果があり(「穀類のフェルラ酸含量 」西沢千恵子 日本食品科学工学会誌 1998年 https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1995/45/8/45_8_499/_pdf)、ご飯茶碗で換算すると中盛の玄米を2杯半食べれば、1日分を補給できることになります。

ただし、お年を召した方にとっては、ご飯茶碗2杯半はかなりの量。しかも、小麦粉から作られたパンにはもちろん、白米にもフェルラ酸はほとんど含有されていないため、毎日玄米ばかり食べなくてはいけないことになります。

お年を召した方こそ積極的に摂取したい栄養素なので、食品から摂取するよりもサプリメントの活用がおすすめです。

フェルラ酸が配合されたサプリメント

フェルラ酸が配合されたサプリはいくつか販売されていて、中にはガーデンアンゼリカという有効成分と同時配合になっているものもあります。

<フェルラブレイン+>

  • 価格:6,458円
  • 容量:60粒(30日分)
  • フェルラ酸150mg(2粒中)配合
  • ホスファチジルセリン、ビンカマイナー、DHAなどの認知症サポート成分を同時配合

<ANM176カプセル60>

  • 価格:6,480円
  • 容量:60粒(30日分)
  • フェルラ産100mg(2粒中)配合
  • ガーデンアンゼリカ根抽出物100mg(2粒中)配合

ワサビの成分も認知症への効果が期待されている

ワサビには「ワサビスルフィニル」という成分が配合されています。実は最近、認知症予防にワサビスルフィニルが効果的だとして話題になっています。

  • 抗酸化作用によって細胞の老化を予防する
  • 血流を改善して脳の機能を活性化させる
  • 学習機能の改善
  • 脳梗塞などの疾病の予防

ワサビスルフィニルには、この様なさまざまな効果があるといわれており、フェルラ酸にも負けず劣らずの認知症予防効果が期待できると考えられています。

ワサビスルフィニルの認知症への効果について詳しい情報を見る>>

認知症の予防方法まとめ