おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の予防・改善に効果が期待できる成分一覧

認知症の予防・改善に効果が期待できる成分一覧

認知症は一度発症すると完治することは難しい病ですが、病気の進行を遅らせたり、病気にかからないよう予防することは可能です。ここでは、認知症の予防や抑制に効果があるとされている成分をいくつか紹介し、その効果について解説しています。

DHA・EPA

不飽和脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳の神経細胞の栄養分として働き、神経伝達をサポートする成分です。記憶や学習能力に関する脳の海馬という部分に集められるので、DHAは頭が良くなる成分として話題となりました。同じ不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)は、血液中のコレステロール濃度を下げたり、血液をサラサラにする効果が高いので、一緒に摂取すると脳血管型認知症の原因となる脳血管の疾患を予防することができます。

DHA・EPAについて詳しく知る

フェルラ酸

フェルラ酸は、植物に含まれているポリフェノールの一種で、抗酸化作用が強いことから、酸化防止剤としてお菓子など食品に用いられてきた成分です。強い抗酸化力で体の内側も外側も老化から守ってくれる作用があります。

脳では、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβから脳の神経細胞を守る働きがあり、認知症の抑制効果に期待が集まっています。米や麦などの穀物や大豆などの豆類に含まれていますが、精製されるとなくなってしまうので、食事に取り入れるなら玄米がおすすめです。

フェルラ酸について詳しく知る

プラズマローゲン

プラズマローゲンは、細胞膜を構成する成分であるリン脂質の一種で、脳の神経細胞の細胞膜にも多く含まれています。老化によって脳が酸化するストレスや、細胞を傷つける有害な物質から脳を守る防御機能を持っているといわれています。認知症を発症すると、プラズマローゲンの量が減少するというデータも残っており、脳の神経伝達をサポートする成分として注目されています。

プラズマローゲンについて詳しく知る

レシチン・ホスファチジルセリン

レシチンは細胞膜に含まれるリン脂質で、細胞への栄養供給や新陳代謝に関わる重要な成分です。ホスファチジルセリンも同じくリン脂質ですが、レシチンよりも希少な成分。より高い確率で脳の神経細胞へ到達することが分かっています。レシチンやホスファチジルセリンは、神経伝達物質であるアセチルコリンの血中濃度を上げる働きがあり、脳の神経伝達を促す効果が期待できます。

レシチン・ホスファチジルセリンについて詳しく知る

ポリフェノール

自然界に数千種類も存在するといわれているポリフェノール。あらゆる植物に含まれる、色素や渋みの成分です。抗酸化力を持つ種類が多く、特に脳の機能低下を抑制する効果があるとされているのは、緑茶のカテキンや紅茶のテアニン、赤ワインやカカオのポリフェノールなどです。

ポリフェノールについて詳しく知る

デカペプチド

デカペプチドは人間が乳製品を摂ることで体内で生成されるといわれている、結合したアミノ酸です。リラックス効果や安眠効果、抗ストレス性があり、精神面からの認知症予防に一役かってくれます。そしてデカペプチドのなかでもラクトノナデカペプチドは、最近の研究結果によって記憶力や集中力の向上、脳機能の低下などの症状を改善させることがわかりました。

デカペプチドについて詳しく知る

認知症の予防方法まとめ