おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 不安を感じたら試してみよう認知症診断テスト

不安を感じたら試してみよう認知症診断テスト

自分自身あるいはご家族が、「認知症なのでは?」と疑問に思ったら、まずはかかりつけ医に相談しましょう。病院へ行く前に、簡単に診断できるテストでチェックしてみるのもいいですね。ここではよく使用されている簡易テストをご紹介しますが、テスト結果を鵜呑みにせず、必ず病院を受診してください。

最もよく使われている『長谷川式簡易知能評価スケール』

日本の医療機関などで使用されている認知症の診断テストはいくつかありますが、そのうち最も一般的なのが、長谷川式のテストです。生年月日を言えられるくらいの方であれば、どなたでも受けられます。9つの簡単な質問に答えるだけの簡単なもので、30点満点の20点以下だと認知症の疑いがあります。ただし、レビー小体型認知症の方は高得点が出やすいので、注意が必要です。

改訂版・長谷川式簡易知能評価スケール

出典:長谷川 和夫、今井 幸充 『老年痴呆とは何か (看護セミナー・ブックレット9)』

質問1

お歳はいくつですか?

(2歳差までは正解とする。正解1点・不正解0点)

質問2

今日は何年の何月何日、何曜日ですか?

(年と月、日にち、曜日が1つ正解ごとに1点)

質問3

今いる場所はどこですか?

※答えられなかったら5秒後にヒントを与える

(自発的に答えられたら2点、ヒントで正解できたら1点、不正解0点)

質問4

これから言葉を3つ言いますから、覚えてください。後の質問でももう一度聞きますから、覚えておいてください。

※下記の例1か例2のどちらかで行う

例1  a.桜 b.猫 c.電車

例2  a.梅 b.犬 c.自動車

(言葉をひとつ正解するごとに1点、答えられなかったら0点)

質問5

100から7を引いてください。

※100—7が正解できたら、さらにそこから7を引いた問題も出題する

(正解93で1点、正解86で1点、不正解0点)

質問6

これから言う数字を逆から言ってください。

例1 6—8—2  例2 3—5—2—9

※例1が正解で来たら、例2も質問する。

(例1が正解で1点、例2正解で1点、不正解なら0点)

質問7

先ほど覚えた3つの言葉をもう一度言ってみてください。

※答えられなかったらヒントを与えても良い

(正解1つにつき1点、不正解0点)

質問8

5つの品をお見せします。それを隠しますから、何があったか答えてください。

※ひとつずつ名前を言いながら目の前に並べ、覚えさせたら隠す。品物はペンやハサミ、時計など相互に無関係なものを5つ選ぶ。

(1つ正解ごとに1点、不正解なら0点)

質問9

ご存知の野菜の名前を、できるだけたくさん言ってください。

※途中で詰まって10秒以上出てこなくなった時点で終了する

(正解が10個以上で5点、9個4点、8個3点、7個2点、6個1点、5個以下は0点)

テスト結果

不安を感じたら試してみよう認知症診断テスト

29点以上の方

今の段階では認知症の可能性は低いといえるでしょう。
この認知症診断は30点満点なので、29点というとかなり高い成績です。現在は認知症とは考えられませんので、認知症を発症しないように予防をすることが大切になります。認知症になる何年も前から、脳の変化は始まっているといわれています。 予防策はさまざまなものがありますが、日常生活の中で脳機能を使うことが大切です。

  • パズルをする
  • 計算や読み書きを行う
  • 麻雀、囲碁、将棋、オセロなどのゲーム
  • 人とコミュニケーションを取る
  • 今までにしたことがない体験をする

このようなことが認知症の予防に効果的だといわれています。脳に刺激を与え、脳機能を活性化させる効果を期待できるといわれています。

認知症予防のためのトレーニングについて詳しく知る

21~29点の方

軽度認知障害や認知症予備軍の可能性があります。
20点以上の方は、日常生活に支障が出るような認知機能の低下はないと考えられます。ですが、軽度認知障害や認知症予備軍の場合もありますので、気になる症状があったら病院に行って診察をしてもらうことをおすすめします。 現在できる対策として、上でご紹介した認知症予防法を毎日実践することです。さらに食生活でも認知症を予防することが可能なので、食事のバランスを見直すことも大切です。

また、軽度認知障害を発症している場合、病院での治療を行うことで中等度以上の認知症に発展することを遅らせることができます。認知機能の障害を回復させることもできる段階ですので、症状の悪化を予防することが重要でしょう。

20点以下の方

認知症の可能性があると考えられます。
認知機能がかなり低くなっているので、日常の生活に支障をきたす恐れもあります。この診断結果が出れば必ず認知症であるというわけではないのですが、その可能性は高いといえるでしょう。病院に行って診察を受けてください。 20点以下の方の中でも、その点数によって症状の重さは異なります。

  • 11~19点の方

もし認知症であった場合、程度としては軽度~中等度です。一部の認知機能に問題が出てきているものの、介護なしで日常生活を送ることができる段階です。

  • 10点以下

もし認知症であった場合、程度としては中等度~高度となり、早急に対策をするべきです。最近の出来事を記憶できない、人物や場所についての理解が低下する、会話をすることが難しくなり、介護が必要になることもあります。 認知症であると診断された場合、病院の治療を受けることになります。主な治療法は次のようになっています。

 

薬物療法
抗認知症薬、精神安定剤、抗うつ薬などを用いる方法。

リハビリ療法
薬を服用することなく、脳を活性化させるためのリハビリ。

学習療法
スタッフとコミュニケーションをとりながら計算や文章の読み書きを行う方法。

タッチセラピー
体に触れることで心を落ち着かせ、精神を安定させる方法。

アロマテラピー療法
香りを使って嗅覚を刺激することで認知機能を高める方法。

運動療法
体を動かすことによって脳機能を向上させる方法。

音楽療法
音楽を聴くことによって精神的なリラックス効果や認知機能を高める方法。 認知症であると判断された場合、病院でこのような治療を行うことによって、改善や進行の遅延を期待することができます。

認知症の予防方法まとめ