おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の基礎知識を知っておこう » 治療法はどのようなものか

治療法はどのようなものか

もしも自分や家族が認知症と診断されたら、どう対処すればよいのでしょう。認知症の方に対して、病院や施設ではどのような治療や対応が行われているのか、解説していきます。

「もしかして認知症かな?」と思ったらどうする?

激しい物忘れや勘違い、物盗られ妄想など、「あれ?」と思う行動が増えてきたら、どのように対処すべきなのでしょうか。

まずは、そのような行動が認知症かどうかを診断してもらうために、病院を受診しなければなりません。近年は総合病院などに『物忘れ外来』を設けているところも増えていますし、それ以外にも『老年病内科』や『老年内科』などもあります。近くにそのような外来がない場合は、精神科や神経科、神経内科でも構いませんので、受診してみましょう。

総合病院でなくとも、近くのかかりつけ医に相談してみて、専門医を紹介してもらう、というのも一つの方法です。

認知症治療で行われる薬物療法

専門医を受診して検査を行い、認知症であると診断されたら、いくつかの治療法や病状の進行について説明があるはずです。大抵の場合、薬を服用して進行を抑制する方法を提案されることが多いようです。

アルツハイマー型の認知症では、早期の段階で適切に薬物療法を行うことで、症状の進行を遅らせることができますし、日常生活にも支障をきたす前に良好な状態を長く保つ効果があるとされています。同じく、レビー小体型認知症に関しても、一部の薬を選択すれば薬物療法が効果的であることが分かっています。

個人差がありますが、薬の服用に際して下痢や嘔吐、興奮などの副作用が出る場合もあり、薬の効果と副作用のバランスを見て服用を決めることが大切です。

認知症治療で行われるリハビリテーション

認知症の治療は、薬物の服用とリハビリの2つを同時の行うことが一般的。リハビリの目的は、失われた機能を取り戻すことではなく、普段の生活に障害となり得る症状をできるだけ出ないように抑制し、症状の進行を遅らせることです。体の機能と記憶などの機能、精神面をサポートするようなリハビリが中心となります。例えば、以下のようなリハビリを行います。

  • 手足を使って運動して、身体機能の衰えを抑えるリハビリ
  • 音楽を聞いたり回想したり、脳を刺激するリハビリ
  • 目標を与えてそれを達成する、精神的な満足感が得られるリハビリ
認知症の予防方法まとめ