おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の基礎知識を知っておこう » 認知症になりやすい人ってどんな人

認知症になりやすい人ってどんな人

認知症になりやすい、なりにくい、という差はどこにあるのでしょう? 研究によって分かりつつある認知症の発症リスクや、発症の傾向について解説します。

認知症を発症している方には共通点がある?

アルツハイマー型やレビー小体型など、認知症の種類はいくつかありますが、いずれも発症する原因が明確に分かっているわけではありません。しかし、認知症の方の生活習慣や体質などを調査していくうちに、一定の共通項があることが分かってきています。

例えば、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を持つ肥満ぎみの方は認知症発症率が高まると言われていますし、逆に痩せすぎの方も認知症のリスクが高いとされているのです。

ここでは、認知症を発症しやすい体質、性格、生活習慣について紹介しますので、当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

認知症になりやすい体格・体質は?

特に認知症のリスクが高いとされるのは、肥満ぎみの方や高血圧、糖尿病の持病がある方です。慢性的に睡眠不足の人や睡眠障害の方も認知症の発症率が高くなると言われています。さらに、最近の研究によって、BMI値が20以下の痩せすぎの方の認知症リスクが高いことも分かってきています。

認知症になりやすい生活って?

生活習慣病のリスクが高い方が認知症リスクも高いという研究結果が出ています。基本的には生活習慣病にかかりやすい、高カロリーで高脂肪の食事や飲酒を好む、甘いものを間食する、いつもお腹いっぱい食べてしまう、といった習慣がある方は認知症にもなりやすいと考えられます。また、毎日運動する習慣がない方も認知症リスクが高まると言われているそうです。

認知症になりやすい性格は?

その方の性格によっても、認知症のリスクが高まる場合があります。例えば、ネガティブ思考が強くてうつ傾向な方、真面目で神経質な方、怒りっぽくて短気な方などは認知症になりやすいそう。逆に、社交的でのんびり屋、いつもポジティブシンキングでいられる方は、認知症になりにくいと考えられています。

認知症の予防方法まとめ