おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の基礎知識を知っておこう » 薬の種類と効果は

薬の種類と効果は

認知症の方に用いられるのは、どのような効果のある薬なのか、薬剤の種類や特長、注意点などを解説しています。

認知症の治療薬とはどのような薬か

薬剤が効果を発揮するとされているのは、アルツハイマー型の認知症とレビー小体型認知症の2種類の認知症だけです。日本では、ドネペジルという薬など4種類が認可され、実際に治療に使われています。この他にも、新しい抗認知症薬の研究が進んでいて、次々と治験を行っています。

認知症の治療薬は、完治というはっきりとした目的のために服用するのではなく、進行を緩やかにさせるという目的で投与されるものなので、服用するか否かは患者やその家族の意志に任されています。服用することで得られる効果と、副作用とを比較して服用することを決定します。

現在日本で認可されている認知症治療薬とは

日本で認可されているのは、1999年に最初に発売されたアリセプト(ドネペジル塩酸塩)など4種類です。大きく分けると、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを促進する、アセチルコリエステラーゼ阻害薬系と、脳内でグルタミン酸の異常放出を抑えて脳神経細胞を守るNMDA受容体拮抗薬の2つに分かれます。以下にその特徴や効果などをまとめてみました。

アセチルコリエステラーゼ阻害薬

アリセプト(ドネペジル塩酸塩)

アルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症の2つに効果があるとされています。抗認知症薬の中で最も早くから使われていたもので、脳の神経伝達物質アセチルコリンを分解する作用を阻害することで、脳の神経伝達をサポートする効果があります。

主な副作用として、食欲不振や嘔吐、下痢など消化器系の不調が確認されています。

レミニール(ガランタミン)

2011年から販売されている薬で、神経伝達物質アセチルコリンの分解を阻害し、アセチルコリンに対する感受性を高める作用があるとされています。軽度から中等度のアルツハイマー型認知症にのみ適応します。

主な副作用として、食欲不振や嘔吐、下痢や腹痛などの消化器系の症状が確認されています。また、重い症状としては、動悸や息苦しさ、めまいなど心臓に異常が表れることもあります。

リバスタッチパッチまたはイクセロンパッチ(リパスチグミン)

小野薬品工業からはリバスタッチパッチ、ノバルティスファーマからはイクセロンパッチの製品名で販売されている、皮膚に貼るタイプの薬です。アセチルコリンを分解してしまう2種類の酵素の働きを阻害することで、脳の神経伝達をサポートする作用があります。

貼り薬である性質上、服用したかしないかをすぐに確認でき、過剰摂取や飲み忘れを防ぐことができますし、嚥下が難しい方などにも使用できます。軽度から中等度のアルツハイマー型認知症にのみ適応します。

注意しなければならない副作用は、使用した部分の皮膚に赤みやかゆみが出る場合があること。また、吐き気や嘔吐などの消化器系の症状、狭心症などの心臓の異常などが表れるケースもまれにあります。

NMDA受容体拮抗薬

メマリー(メマンチン)

日本では2011年から販売されているもので、中等度から高度のアルツハイマー型認知症に適応します。認知症の方の脳内で過剰になっているグルタミン酸の放出を防いで、脳の神経細胞が破壊されることを防ぐ作用があるとされています。特に、興奮やイライラ、徘徊が多くみられる症状の方に、アリセプトと併用して投与されることが多いようです。

主な副作用は、ふらつき、よろめきなどのめまいがあります。転倒しやすいので、介護者は注意が必要です。その他、幻覚、妄想、幻視などの症状が報告されています。

認知症の予防方法まとめ