おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の基礎知識を知っておこう » 物忘れとは違うのか

物忘れとは違うのか

年齢を重ねるとともに記憶力が低下し、誰もが「物忘れしやすくなったな」と実感するものです。正常な範囲内の物忘れと、認知症による記憶障害とではどのような違いがあるのか詳しく解説してみましょう。

認知症による記憶障害と物忘れとの違いは?

認知症の場合、症状が進行して重度になると時間や空間、家族など人間関係、自分自身のことも忘れてしまうほどの記憶障害や見当識障害が起こりますので、傍から見ても認知症であるとすぐに分かります。

しかし、ごく初期の段階では記憶障害も軽度なので「普通の物忘れかな?」と迷うケースもしばしば。認知症と正常な物忘れの違いとは、どのようなところにあるのでしょう。

忘れていること、そのものを忘れてしまうのが認知症

アルツハイマー型などの認知症による記憶障害は、直近で起こったことから忘れていく、または新しいことが記憶できない、という特徴があります。これは、直近に起こった出来事が経験をそっくりそのまま抜け落ちてしまう、というもので、本人の中ではその経験が存在しないことになっています。

『友人との約束をすっぽかしてしまった』という出来事を例にとって考えてみると、認知症を発症している方の場合、約束の時間や場所などのディテールを忘れてしまったのではなく、『約束したこと、それ自体を忘れている』ことが多いのです。

加齢による物忘れ

物事のディテールを忘れている限りでは、普通の物忘れであると判断しても問題ありません。例えば、「約束の場所や時間を忘れてしまった」、とか「大事な物をどこにしまったのか忘れた」、といったようなことは、約束したことや物をしまったこと自体は覚えているわけですから、認知症の記憶障害とは本質的に異なります。ほとんどが、加齢によって増える物忘れであると考えてよいでしょう。

認知症による記憶障害と疑われるもの

問題は、約束したこと、物をしまったこと、そのものを忘れている場合です。

認知症の症状として良く知られている、『ご飯を食べたのにまた催促する』といったような症例や、物盗られ妄想などは、『ご飯を食べたこと』や『大事なものをしまったこと』自体を忘れてしまっていますから、典型的な認知症による記憶障害です。

このように、出来事そのものが抜け落ちてしまっているケースは、認知症と考えた方がよさそうです。

認知症の予防方法まとめ