おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の基礎知識を知っておこう » 20代でも認知症になるって本当?

20代でも認知症になるって本当?

認知症という病気は高齢者が罹患するイメージがありますが、65歳未満の世代でも発症することがあります。

65歳未満の認知症は「若年性認知症」と呼ばれますが、高齢者の認知症との違いはありません。ただし、若年者の認知症の多くはアルツハイマー病とされ、40歳後半から60歳代前半で発症します。

若い人は認知症とは思わずにちょっとしたもの忘れや集中力の欠如と勘違いしてしまうのですが、明らかに仕事や学業に支障が出ている場合には、病気を疑う必要があります。

ここからは、若い人を中心に発症する「若年性認知症」の症状や原因について詳しく紹介していきます。

20代で認知症になる!?若年性認知症とは

若年性認知症は、大きく2種類に分けることができます。一つは「脳血管性認知症」で、若年性認知症における多勢を占めています。もう一つの「アルツハイマー型認知症」も、若年性認知症の代表的な症状です。この二つの症例が、若年性認知症全体の6割を占めています。

その他の症状としては、事故などで脳に損傷を受けることで起こる「頭部外傷後遺症」「前頭側頭葉変性症(ピック病)」アルコールの摂り過ぎによって起こる「アルコール性認知症」「レビー小体型認知症」などが挙げられます。

厚生労働省が2009年に発表した「若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について」では若年性認知症の患者数は約3.8万人、人口10万人のあたりの有病率は18歳から64歳までで47.6人となっています。※1

女性よりも男性に多く(女性の1.6倍)平均的に約51.3±9.8歳で発症する人が多いということがわかっています。※1

※1厚生労働省(2009年3月19日)「若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について」,https://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/03/h0319-2.html 2018年9月15日アクセス

若年性認知症になる原因

若年性認知症の原因は人によりさまざまですが、脳血管性認知症は脳梗塞によって血流の低下や血管から出血する血管障害などが主な原因となります。※2

65歳以下で発症する認知症はすべて若年性認知症と呼ばれ、20代で発症する場合もあります。遺伝的な要素が関わっているとされる、「家族性アルツハイマー病」も少なくありません。※2

家族性アルツハイマー病は年齢に関係なく発症するもので、自分以外の家族にアルツハイマー病に罹患している方がいれば、遺伝的な要素を持っている可能性が考えられます。※2

※2社会福祉法人 仁至会認知症介護研究・研修大府センター「若年性認知症ハンドブック」,http://y-ninchisyotel.net/pdf/o30_jyakubook.pdf 2018年9月15日アクセス

20代の認知症の改善方法

20代で若年性認知症にかかると、仕事や学業、家事などに影響を及ぼすため、もの忘れや仕事の段取りが悪い、もの覚えが周囲に比べて悪いなどといった「結果」がばかりが目だってしまいます。

本人の努力で完治することは難しいため、まずはおかしいと感じたらすぐに病院を受診するようにしましょう。うつなどを疑い、神経内科や精神科を受診する方も少なくありませんが、脳そのものに異常がないかどうかを先にチェックすることが大切です。

その際は、「もの忘れ外来」など若年性認知症の診断ができる医療機関を受診しましょう。診断内容を忘れてしまうリスクを防ぐため、家族や友人など信頼のできる人の付き添いがあると理想的です。※3

具体的な改善方法としては、疾患の治療(脳に疾患がみられる場合)に始まり、生活習慣の見直しも行います。アルコールを控える、ストレスレベルを下げる、しっかりと眠る、脳トレや適度な運動なども効果的とされています。※3

※3社会福祉法人 仁至会:認知症介護研究・研修大府センター「認知症ってなんだろう?」,http://y-ninchisyotel.net/pdf/nandaro03.pdf 2018年9月15日アクセス

20代の認知症の予防法

20代からできる認知症の予防方法としては、普段から意識的に脳を使うということが大切です。

脳は細胞の集まりであり、筋肉などと同じで使わなければ脳内のネットワークが活性化せずに老化していってしまいます。これを予防するためには、新しいことに着手する、学習をして脳機能を活性化させるといった学習行動が効果的。

また、非薬物療法として、リハビリテーションやケアによってストレスレベルを下げることも認知症の予防になります。※4

ストレスによって脳がダメージを受けると、記憶を司る部分に障害が出てしまうため、普段からウォーキングなどの適度な運動やバランスのよい生活習慣を心がけて、意識的にストレスをコントロールするようにしましょう。※4

※4 関西医科大学第10回市民公開講座(2008年1月19日)稲垣隆介先生(関西医科大学附属枚方病院脳神経外科講師)「認知症について」,http://www2.kmu.ac.jp/openSeminar/open10/01inagaki.html 2018年9月15日アクセス

認知症の予防方法まとめ
認知症の予防方法まとめ
認知症の予防方法まとめ