おやっと思ったら要注意知っておくべき認知症の症状まとめガイド
HOME » 認知症の基礎知識を知っておこう » 認知症が発症する原因

認知症が発症する原因

アルツハイマー型やレビー小体型など、認知症の種類別に発症原因をまとめてみましょう。

アルツハイマー型認知症の発症原因

認知症の6割を占めるアルツハイマー型は、アミロイドβやタウといった特殊なたんぱく質が脳に蓄積されることが原因で、脳の萎縮が起こるとされていますが、なぜ特殊なたんぱく質が溜まってしまうのか、詳細には解明されていません。

ただし、最近の研究によって、高血圧や糖尿病の持病がある方のほうが、ない方よりもアルツハイマー型認知症の発生率が高いことが分かり、生活習慣病との関連があるのではないかと言われています。

脳血管型認知症の発症原因

脳出血や脳梗塞などの血管の障害に起因して発症する認知症です。認知症患者の2割がこの脳血管性認知症であると言われています。基本的には、生活習慣病である高血圧、高脂血症などがベースにあり、脳梗塞などの脳血管疾患を発症することで、認知症の症状が現れてしまいます。ダメージを受けた部分だけに機能低下が起こるので、認知症の症状もまだらに起こります。

レビー小体型認知症の発症原因

パーキンソン病を引き起こすことでも知られる特殊なたんぱく質、レビー小体が脳に蓄積されることが原因です。原因物質が同じであることから、パーキンソン病の方の中に、認知症的な症状が現れることもあります。

レビー小体という異常なたんぱく質が、なぜ脳に溜まってしまうのかは、未だに解明されていません。

前頭側頭型認知症の発症原因

前頭側頭型認知症が発症する原因として、現在までに2つのパターンが確認されています。ひとつは、ピック球という異常細胞が脳の神経細胞に溜まってしまう場合。もうひとつは、TDP-43というたんぱく質が脳の神経細胞に蓄積される場合です。ですから、前頭葉や側頭葉の萎縮によって発症する認知症、というひとくくりになっていますが、起こる原因は、症例によって異なると考えられます。

多くは、50代以降に発症して10年ほどの時間をかけてゆっくりと進行します。

その他の認知症の発症原因と特徴

アルコール性認知症

アルコールを長期間にわたって大量に摂取し続けると、認知症に似た症状を起こすことがあります。経過は症例によって違いますが、肝硬変から血中アンモニア濃度が増加し、脳細胞を破壊して認知症に至るケース、甲状腺ホルモンが不足することで脳の代謝が低下し、認知症に至るケースなどがあります。

皮質基底核変性症

脳の前頭葉や頭頂葉が委縮し、認知症のような症状が現れます。パーキンソン病のように運動機能を徐々に失いますが、手の震えはありません。非常にゆっくり進行するので、リハビリによって寝たきりになるまでの期間を延ばすことを目的とした治療が行われます。

正常圧水頭症

脳を守るくも膜の中を満たしている脳脊髄液の排せつと生産のバランスが崩れてしまうことで脳を圧迫し、障害が起きてしまう病気です。物忘れなどの認知症のような症状が現れることがあります。最近になって認められるようになってきたばかりの疾患で、この病気と分からずに、他の認知症と診断されている患者さんが多いと言われています。

認知症の予防方法まとめ